ガラス交換や換気扇の清掃、そしてリフォームなどを行う意味とは

ガラス交換で防犯

窓ガラスの防音性に関しての知識を持っておく

住宅の騒音問題のうち、外部の道路などの交通音といったものはその多くが実は窓ガラスから伝わってきています。音は空気の振動ですが、住宅の外壁そのものは最外部のサイディングなどによって防がれますが、窓ガラスは厚みが薄いために空気の振動がダイレクトに伝わり、それが騒音となって室内に届きます。 そのため騒音対策として窓ガラス交換をするのは有効です。しかしどの窓ガラスに交換しても効果がある訳ではありません。先述のように音は空気の振動である以上、ペアガラスにガラス交換しても内部が通常の空気ならばそのまま音が伝わってくるため、防音にはあまり意味がありません。防音に有効な窓ガラスは、ペアガラスでかつ内部の封入気体がアルゴンガスといった空気以外のものを選ぶ必要があります。

住宅の防犯性を高める工夫は窓ガラス交換からできる

年々高度化する犯罪の手口もあって住宅の空き巣被害などもより深刻となっています。施錠をしているくらいでは防げず、犯罪者の多くは直接窓を割ってから侵入をしてきます。このため防犯対策として、窓ガラス交換によって防犯性の高いガラスを導入する工夫は大きな効果が得られます。 防犯性の高いガラスは、二枚ガラスになっており、その間に耐貫通性の高い樹脂素材である中間膜を挟み込んでいます。このためかなり時間を掛けないと窓ガラスを割ることが出来ず、その間に犯罪者も諦めることが多くなります。 また内部の中間膜は透明性の高い素材を用いているため、視界を落とすこともなく、通常の窓ガラスとして普段は使用可能です。このような優れた特性が防犯性の高い窓ガラスにはあるため、空き巣被害などをきっかけにガラス交換をする人が多くいます。

Copyright (c) 2015 ガラス交換や換気扇の清掃、そしてリフォームなどを行う意味とは all reserved.